2017年03月19日

台湾の管理釣り場にBarramundiを釣りに行くB

台湾の管理釣り場にBarramundiを釣りに行くB


台湾釣行3日目。

この日もホテルから駅まではレンタルサイクル。

ホテルを朝食込の申し込みにしてしまったが…朝早いので食べられず。

近くの売店で朝食を買って、駅の外で食べます。(外で食べて良いのか…?)
地下鉄駅構内は飲食禁止なので。

IMG2017_3_19_001.JPG
[写真:サンドイッチ]

今日もシートがカチカチで尻が痛い電車に乗ります。

面白いのが、この暖かい季節でもダウンジャケットを羽織っている人(女性)が多い。
動くと汗ばむぐらいの時でも、地下鉄の冷房は寒いです。

下の写真の奥には自転車が乗っています。つまり、昨日、最終駅まで行けば自転車で釣り場まで行けたんだな。笑

次回、経費節減のため、チャレンジしてみたい。

IMG2017_3_19_002.JPG
[写真:奥にダウン女性と、自転車]


高雄捷運・台湾高速鉄道の乗換駅である「新左営駅(左営駅)」にて乗り換え。ここまで地下鉄で50台湾ドル(約200円)。


IMG2017_3_19_003.JPG
[写真:新左営駅]

ここで問題が発生する。

・札が使えない
・切符の買い方がわからない

改札に駅員が居て、両替をしてもらい、スマホで行先の場所「路竹」駅を示しました。

適当に操作してくれて、何とか購入。目的の駅までは30台湾ドル(約120円)。

IMG2017_3_19_005.JPG
[写真:このように押してくれた]

切符ゲット。

IMG2017_3_19_012.JPG
[写真:切符]



IMG2017_3_19_004.JPG
[写真:時刻表、解読不能]


IMG2017_3_19_008.JPG
[写真:時刻表]


IMG2017_3_19_007.JPG
[写真:時刻表]


駅員に乗車ホームを聞くと、教えてくれた。。。

IMG2017_3_19_006.JPG
[写真:ホーム]

向かいのホームに到着した電車はディーゼルだった。。。
電気も使うハイブリッド車の模様。

IMG2017_3_19_010.JPG
[写真:ディーゼル] 

ここのホームはジュースを売っている。

こちらの電鉄は飲食OKの模様。

電車を待つ間、しばらく飲んでいなかった(缶)コーヒーを飲む。30台湾ドルなので、乗車代と同じ…


IMG2017_3_19_011.JPG
[写真:自販機]

間もなくすると、電車が到着。椅子は大丈夫だろうか…ケツが痛くならないか?


IMG2017_3_19_013.JPG
[写真:到着]


ラッキー。フカフカの椅子!

IMG2017_3_19_014.JPG
[写真:フカフカ]

お尻が快適な状態で、間もなく路竹駅に到着。

IMG2017_3_19_015.JPG
[写真:路竹駅]
そして目的の釣り場に行くためのタクシーを探す。

しかし、昨日とは異なり、タクシーが居ない!これは困った…
タクシー会社の黄色い看板を見つけ、そこまで歩いて行った。

その先には駐輪場があり、管理者のおじいちゃんが座っている。
私は看板を指さし、「タクシー」と心もとない声で話すと、中国語でなにやら言っている「※〇×♪…」

私は強引にタクシー会社に電話をかけ、(釣り場に行くためには国際電話!)おじいちゃんと代わる。
おじいちゃんは嫌々電話を手に取るも、全く話してくれない。

ダメだ…タクシーを呼んでほしい意志が伝わらない…

仕方なく電話を切り、大通りまで歩いて流しのタクシーを拾う作戦にした。


IMG2017_3_19_016.JPG
[写真:黄色い看板のタクシー会社]

大通りに出るも、流しのタクシーなど居ない…

さて、困った。そうだ、GoogleMapで近くのファミリーマート検索作戦だ。
GoogleMapでファミリーマート(全家)を見つけたのが、先ほどの黄色い看板(タクシー)の少し先だった。

ちょっと遠回りとなる、大通りから約500m歩いてゆくことにした。

すると、セブンイレブン(7-11)を発見!

セブンイレブンには「ibon」という端末があり、これでタクシーが呼べる!

あ、しかもWi-Fiつながる。ここさえチェックしておけば、運転手にスマホで場所も見せられることが判明。

IMG2017_3_19_021.JPG
[写真:セブンイレブン]


iBonを探すと…あれ、おじさんが占領中!早くしてくれ。

時刻は7時55分。釣り場は8時から!しかし、おじさん操作が遅い。


IMG2017_3_19_017.JPG
[写真:操作中]

なんとか順番が回ってきて、店員の助けを借りながら、配車手配完了。3分で来るそうだ。

早すぎないか???

IMG2017_3_19_019.JPG
[写真:配車手配]


配車手配の考え中マークが…緊張が続く。

IMG2017_3_19_018.JPG
[写真:考え中。]

すると、チケットが出てきて、車の番号などが記されていた。3分。


IMG2017_3_19_020.JPG
[写真:発券された伝票]

しばらく外でタクシーを待つ。

3分…5分…7分待っても来ない…
店員に助けを求めるか、もう少し待つか…
ネットの情報だとけっこう早く到着すると書いてあったので…少し心配。

10分ほどするとタクシーが到着。

ホッとする。



IMG2017_3_19_022.JPG
[写真:信号待ちタクシー]

タクシーの運転手に釣り場の地図を見せると、すぐに場所を理解してくれた。釣り竿も持っていたのですぐにピンときた模様。

しかし、安心したのも束の間。悪夢の数分間が始まった…

この運転手。乱暴な運転を絵に描いたような乱暴運転。

アメリカ映画のカーチェイスさながら、小さい道(交差点)の赤信号は無視、前の車と距離が縮まると追い越し、追い抜く。…汗

思わずベルトをする。。。シートに背中を押し付けて埋もれるように、踏ん張ってしまう。。。

多分、セブンイレブンの予約では、「そこのセブンイレブンなら3分で到着するぜ!」って、無線局?(配車手配)に言ったに違いない。
なんだか想像できる…

そんななか、乱暴な運転のタクシーの外には養魚場?の風景が広がる。

IMG2017_3_19_023.JPG
[写真:養魚場]

駅から約10分で釣り場に到着。

※釣り場の情報開示は控えさせていただきます。ガイドを商売にしている業者さんもいらっしゃるようなので…
知りたい方は直接ご連絡ください。(なんとなくわかるようにヒントは出ていますのでご了承ください)

ランボー(運転手のあだ名)から開放されました。タクシー代は170台湾ドル(約680円)でした。

この運転手。実は親切な人でした。釣り場の人に「日本人来たよ」っぽいことを言ってくれたり、帰りのためにタクシーの名刺を、釣り場の人に渡したりしていました。

心の中で、「ありがとう。でも、君は呼ばないよ。運転怖いから…」と。


ここの釣り場は本来、予約制なのか?スタッフに名簿に名前があるか聞かれます…

名前を告げると、名簿に名前は当然なく…ここで追い返されるのか…
カウンターに行くように言われ、そこで300台湾ドル(約1200円)払う。

カウンターでは英語が通じました。「1day?」「Yes…」。
若い人は比較的英語を話すのか???

昼食はここで食べられることや、エサの小魚の販売、ルアーを使って良いなど…

これで安心して釣りができる。

IMG2017_3_19_024.JPG
[写真:管理釣り場]

釣りでお金を取る以上に、釣った魚を売ったり、料理したり、酒を飲ませたり…カラオケなども含め別で料金を取るシステムなんだなぁ。


IMG2017_3_19_042.JPG
[写真:魚の重さ。販売額?]

エサのフナ?

IMG2017_3_19_025.JPG
[写真:小魚]

駐車場完備で、昨日の場所とは規模が違う…

IMG2017_3_19_026.JPG
[写真:駐車場]

釣り場に行くと、釣ってる釣ってる。。。

IMG2017_3_19_030.JPG
[写真:釣り場]

遠くの、となりの人はバンバン釣っていました。

IMG2017_3_19_027.JPG
[写真:釣ってる(エサ)]

しかし、時間が経つにつれ釣り人の数は増えてくる。

大人数が両横に陣取り、ついに前方にしかルアーを投げられない状態になった。

そして、しばらく釣っていても全く当たりがない。
やはりエサには負けてしまうのか…

かなりの数のルアーを試しました。

一度、あたりがあったのがビッグスプーン。またチェイスが見れたのが1度だけ…

時間はむなしく過ぎてゆく、ほぼあたりがないまま、昼頃になってしまいました。

ルアーを投げているカップルが来ましたが、彼らもまたあたりが無い模様。

この池(管理釣り場)、失敗した。。。

場所を変えるか、仕切りなおそう。入口でエサのフナを買って午後に備えるか???どうしよう。


IMG2017_3_19_029.JPG
 [写真:至近距離に]

隣はエビで釣れている。


IMG2017_3_19_033.JPG
[写真:エビで]

道具をすべて仕舞い、少し早めの昼食を取りに入口に戻る。
すると、朝は釣りをしていなかった、脇を流れるドブ?(ゴミが多かったので…)と思っていた場所で釣りをしている…

あれ?用水路かドブか、養魚場?と思っていた場所が釣り場だった。

何投かしてみると、バイトがあったが乗らなかった。

そして、活性の高いバラマンディが水面近くを泳ぐのが見えた。

IMG2017_3_19_038.JPG
[写真:ここも釣り場だった]

さらにその奥にも釣り場がある事が判明した。午前中に釣っていた場所から、パラソルがチラチラ見えていたが、そこにも釣り場があったのだ。そもそも別の釣り場かと思っていた。(思い込みは良くない…行動に移すべきだった)

IMG2017_3_19_039.JPG
[写真:さらに奥に釣り場]

やっぱり昼食後に仕切りなおそう。

昼のオーダーをし、カラオケを横目にスマホをいじっていた。

IMG2017_3_19_041.JPG
[写真:カラオケ]

別のスタッフがオーダーしたか?と声をかけてくれる。優しいね。

IMG2017_3_19_043.JPG
[写真:またビール]

ゆっくりと昼食を取り、午後に備える。おなかは十分。
大丈夫だろうか???不安だ。

奥の池からは釣ったBarramundiを片手に歩いてくる人が居た。
エサか?ルアーか?テンションが上がる。

IMG2017_3_19_045.JPG
[写真:奥の池]

この池は、ルアー人口が多い。エサ釣りも居るが…


IMG2017_3_19_040.JPG
[写真:やや細長い池]


パラソルの下を陣取り、ルアーで釣りを開始。しかししばらくあたりが無い。

IMG2017_3_19_071.JPG
[写真:陣取るも人が少ない]


午前中の池よりは混んでいないので右前、左前にルアーを投げる余裕がある。

すこし場所を変えてみよう…水車脇を通したら、ついに来た!

小さめだけど、うれしい1尾。

IMG2017_3_19_059.JPG
[写真:Barramundi]

感動が収まらない状態で、なんとなくこの池で釣れる予感がみなぎる。

IMG2017_3_19_050.JPG
[写真:最初に釣った場所(右側)]


IMG2017_3_19_049.JPG
[写真:最初に釣った場所(左側)]


水車固定用のロープが張られていて、ルアーキャストを注意する。

隣の養魚場を眺めて…

IMG2017_3_19_051.JPG
[写真:隣の養魚場]

さらに池の反対側に回ると、今度はかなり大きな当たり。

そして、ガチガチのドラグを出してくれる奴をキャッチした。
この日のルアーもバイブレーション(amazonにリンク)。

このバイブレーション(8.9cm)がこのサイズ。笑
えさのフナに形、色が似ている
何よりも、振動が良いのだと思う。ロッドに伝わるブルブル感もよいからだ。

IMG2017_3_19_057.JPG
[写真:Barramundi]

IMG2017_3_19_055.JPG
[写真:なかなかサイズ(上とおなじやつ)]

この場所ではよく釣れた。

IMG2017_3_19_047.JPG
[写真:Barramundi]
フックも伸ばされる…

IMG2017_3_19_058.JPG
[写真:フックが…]

そして、釣れる。


IMG2017_3_19_046.JPG
[写真:また釣れる]
しばらくすると少し違う「ヌモォ」というあたり。

知人の話によるとグルーパーと言うらしい。

IMG2017_3_19_062.JPG
[写真:グルーパー]

昨日の管理釣り場で、若者2人組に見せてもらった魚だ。(スマホの写真で見せてくれた)

IMG2017_3_19_063.JPG
[写真:このサイズ]

結局この場所で全部で5尾位釣れた。

IMG2017_3_19_067.JPG
[写真:こいつも大きめ]


しかーし。もっと釣っている奴らが居た。対岸の、自分が陣取った場所から約30mとなり。

サイズは小さい目が多いが、数釣りがすごい。まるで日本の管釣りのニジマス釣り名人みたい。

IMG2017_3_19_052.JPG
[写真:釣りまくる]
自分にはこれ。。。

IMG2017_3_19_076.JPG
[写真:ウロコ]

帰りに同じ釣り方をしている人にルアーを見せてもらったら、ワームだった。

IMG2017_3_19_078.JPG
[写真:ワーム]

釣りまくっている人の下にあったゴミはこれだった。2.5インチのワーム。尾びれがヒラヒラしているやつ。
そういえば昨日の2人も尾びれヒラヒラが良いって言っていた。

IMG2017_3_19_075.JPG
[写真:2.5インチワーム]


最初に入ったパラソルの場所ではもう1尾釣れた。

そして、最後にもう1尾釣って、池をもう一周してから帰ろうかと思ったら、最初釣った場所でまたでかいのを掛けた。

しかし、ジャンプ一発、エラ洗いで外される。ジャンプした時に、ラインテンション張った方が良いのか?緩めたほうが良いのか???

悔いが残った…

昼寝していた犬の集団に吠えられ、ビビる。もう帰ろう…

IMG2017_3_19_077.JPG
[写真:先ほどの場所で犬に吠えられる]

犬に吠えられて、戦意を喪失してしまった。

釣果はすべてバイブレーションだった。

紹介しておきます。Amazonにリンクです。
とにかくこのバイブレーションは釣れる。ランカーシーバス釣ったときもたしかこれだった。
安いので、なくしても痛くない。


さて、話は戻り、入口の受付方面に戻ります。

しかし…このちらかりようはもったいない。

IMG2017_3_19_081.JPG
[写真:散らかる]

IMG2017_3_19_082.JPG
[写真:汚い…]

それでも釣っている…

IMG2017_3_19_080.JPG
[写真:エサ]

受付に戻り、タクシーをお願いした。

少し英語でのやり取りがあった。「どこから来たの???」などなど。

ジュース(ドリンク)を買おうと思ったら、お代は要らないと言う・・・
サービスだと。


IMG2017_3_19_084.JPG
[写真:頂いたドリンク]

しかも、梨のような果物を5個おみやげに頂き、1個はその場で食べろと言われた。
そのままかじれと言われた。笑

なかなかおいしい。


IMG2017_3_19_085.JPG
[写真:梨のよう]


受付の電話でタクシーを呼んでくれた。こちらの人は優しい。電話代の10台湾ドルも受け取らない。
万が一、近くのセブンイレブンで呼ぶ作戦も必要なかった。

行きのタクシーの乱暴運転の「ランボー」のカードに電話していなかったのでちょっと安心。

IMG2017_3_19_083.JPG
[写真:タクシー会社に電話]

「すぐ来るから、ちょっと部屋の中で待って」などなど。とにかく親切。

しかし、なかなかタクシーが来ない…外に出て、道を見ていると、1台のタクシーが来て…通り過ぎて行った。
場所わからなかったのか???

引き返してくるかと思ったら、来ない。別のタクシーか。。。すると、次に登場したのは!

そう。乱暴運転の「ランボー」!

えー。嫌だ。。。

でも、仕方ない。。。釣り場のスタッフが運転手(ランボー)に「路竹駅」の名前を告げてくれた…ほんとに優しい。


「ランボー」は帰りも飛ばす。汗。

来た道をまっすぐ帰ると思いきや、なぜか途中で右に曲がると言い出した。ん???
私がすかさず、道を真っすぐと指でさすと、曲がってから真っすぐみたいなことを言っている。なぜ???

すると、どこかの会社の前に人が待っていた。タクシーに乗るようだ。
なにやら話をしているが、どうやら知りあい???謎だった。

助手席に乗れと指示すると、右側の助手席に座った。

IMG2017_3_19_087.JPG
[写真:突然乗ってきた人(右)]

酷い運転であった。。。行きにタクシーに乗ったセブンイレブンでその人は降りて行った。彼は200台湾ドル払った。。。が、50台湾ドルお釣りを払った。

どうやら相乗りのお客だったようだ。。。

まだメーター上がったままなんだけど…
すぐ近くの駅に到着すると。メーターは行きより20台湾ドル高い、190台湾ドルだった。汗
遠回りしてほかの客乗せたからじゃん!!!

ランボーが怖いので仕方なく、200台湾ドル払うとお釣りが50台湾ドル帰ってきた。旨い商売だ。メーターに出なかった分は自分のものか???笑

しかし、無事に到着してよかった。

そして、駅のカウンターで切符を購入する。高雄(カオシェン)と言っているのに、違うチケットがくる。
「カオシェン!カオシェン!」と、スマホを見せても。「うんうん」とうなずく駅員。

後ろを振り返ると、ランボーが立っていた!心配して切符買えるのか見に来てくれたようだ。
優しい!あんなに乱暴な運転なのに。。。

ランボーに「カオシェン」と言うと。「大丈夫だ」とうなずく。チケットも見てくれた。

切符は新左営なんだけど。ほんとか?36台湾ドル。

IMG2017_3_19_088.JPG
[写真:指定席?]


電車は1号車の15席?だよなぁ。あれ?でも人が座ってる…汗

近くにいた人に「これ」ってゼスチャーしても、何の反応も示してくれなかった。2人も。。。



IMG2017_3_19_090.JPG
[写真:満席]


最後部のシートと荷物置き場の間に身をひそめる事にした。


IMG2017_3_19_089.JPG
[写真:トランクのとなり]

そして、ちょっと出っ張ってた座れそうなところは、やっぱりカチカチの金属!

結局ケツが痛いじゃないか!

釣りでずっと立っていたので疲れたから、仕方なくカチカチの上に座った…

IMG2017_3_19_092.JPG
[写真:カチカチ]

切符の「新左営」を通り越し「高雄」に行く。

IMG2017_3_19_093.JPG
[写真:高雄駅]


改札で、切符を見せると…追加料金払えと… 追加の18台湾ドル。

やっぱり通じてなかった。ま、いいや。

ここから歩いて僅かの距離に、例のエビ釣り場がある。

IMG2017_3_19_098.JPG
[写真:いつものエビ釣り場]

受付では一昨日対応してくれたスタッフのお姉ちゃんに約1.5mのロッドケースをポンポンたたくと、「I know,I know」と言われ、勝手にやってくれと言わんばかり。

チャーハンを注文し、ビールを飲みながら釣りを始める。

IMG2017_3_19_100.JPG
[写真:エビ]

20分くらいして、ビールを飲み終えてしまった。
もう一本追加で購入しに行くと。。。おねえちゃんがチャーハンのオーダーを忘れていた。汗

厨房に駆け込んでいった。「ソーリー」と謝っていた。ま、旅はこんなトラブルが面白い。

結局この日も4尾。大きさは大きいが、隣の兄ちゃんたちはやっぱり数釣りができている。

天秤のような仕掛け(ハンガーの両端から糸を垂らすイメージ)に2本針がついており、その針はギリギリ底についているような仕掛けだ。

浮きと仕掛け(エサ)は絶妙なバランスを保っているようで、たぶん微細な当たりが取れるようになっているみたいだ…
自分がやるような、本気で食い込んだ後の合わせでは無いようだ。

合わせは一気に上に引き抜くような感じだった。

調理の仕方においては、塩を大量にふりかけ、洗面器を2こ使い重ね合わせる。ひとつは蓋にして、シャカシャカ振る。
するとさっきまで暴れていたエビは一気に大人しくなる…塩の影響か?

IMG2017_3_19_101.JPG
[写真:塩を大量に…]

串刺しにして…

IMG2017_3_19_104.JPG
[写真:串刺し]

焼く。

IMG2017_3_19_102.JPG
[写真:エビを焼く]

型は自分の釣ったやつの方がデカいのに数が全然違う。彼らがどれだけの時間の釣果か分からないが…
2時間で4尾と、隣の大量の差がなぜか分からない。

IMG2017_3_19_103.JPG
[写真:左の4尾私、右他人の複数尾]

この日は遅くなりそうだったので、次の日の朝ごはんにホテルに持って帰った。
(朝6:50の飛行機なので)

IMG2017_3_19_105.JPG
[写真:朝食用]


無事にすべての行程を終えて今回の高雄、管理釣り場を終えることができました。

この日はBarramundiが7尾とグルーパー1尾。満足の釣行。
あー、午前中からあの池見つけてたらもっと釣果伸びたのにな。

この日の全行程は蝦釣りを除いて910台湾ドル(役3600円)でした。ガイド無しでなかなかやりました。
また、LCCを利用して、もう少し管理釣り場を開拓してみたいと思います。





ラベル:Barramuundi 高雄
posted by 真空タンク at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

台湾の管理釣り場にBarramundiを釣りに行くA

台湾の管理釣り場にBarramundiを釣りに行くA

台湾 高雄Barramundi釣行2日目は、待望の管理釣り場へ。

3つの管理釣り場の候補から、比較的アクセスしやすい釣り場を選定した。


世界の料理と旅のブログさんのこちらの記事を参考にさせていただきました。

以前からBarramundiが釣れるっぽいチェックはしていましたが、実際に行かれたことがあるブログがあると強みになります。

ありがとうございます。

ここでも初めに書いておきます。絶対釣りたい、後悔したくない方はガイドさんを雇って専用池とかに連れて行ってもらった方が無難です!

ホテルから駅までは自転車が無料で借りられました。チープフィッシングなので、自転車で5分くらいで駅に到着。

しっかりと鍵をかけます。

IMG2017_3_18_001.JPG
[写真:レンタルサイクル(無料)]


高雄捷運紅線の終点駅である「小港駅」から、最終駅の「南岡山駅」の端から端まで電車に乗ります。


IMG2017_3_18_002.JPG
[写真:小港駅]

電車内は飲食禁止。罰金があるそうなので注意です。ペットボトルの水もダメ。

IMG2017_3_18_004.JPG
[写真:飲食禁止]

約45分ですが、プラスチック製のカチカチの固い椅子に座ります。

これがケツが痛い!

高雄都心に向かうにつれて、乗客が多くなってくるので荷物を膝の上に置くと、その重みの分も加算され、さらにケツが痛くなる。。。

拷問…


小港→南岡山駅までは60台湾ドル(約240円)。


IMG2017_3_18_003.JPG
[写真:始発駅なので]

途中から地上に出る。

曇り空で、こんな天気の日は釣れる…
と、願います。

IMG2017_3_18_005.JPG
[写真:地上に]


南岡山駅に到着し、タクシーがあることを願います。


IMG2017_3_18_006.JPG
[写真:南岡山駅]


IMG2017_3_18_007.JPG
[写真:南岡山駅]

IMG2017_3_18_008.JPG
[写真:南岡山駅]

運よくタクシーが1台ありました。

前歯がないおじちゃんが寄ってきて、ちょっと胡散臭そう…でもこの1台しかない。

一舜、判断に迷う。このタクシーでボラレル?か(勝手決めつける…)、まとも(そう)なタクシーを拾うか…
でも黄色いタクシー(有名な)だから大丈夫かな???

私は、ハンドルを握るゼスチャーをしてタクシー?OK?っと言うと、なにやら言っているが全く分からない。

そこで登場させたのが伝家の宝刀。予め印刷し場所の乗った地図。それを見ると「うん・うん」とうなずき、300(台湾ドル)と言われた。

300…ちょっと高い気がした、しかしながら事前にタクシー会社にチャーターの話をしたら500位だと言われてたので、タクシー難民になるよりは良いと思い、仕方なく決断。

港が目印なのですぐに、迷わず到着した。(メーター使ってくれなかった…)

300台湾ドル出すと、50ドルお釣りが返ってきた。。。250台湾ドル(約1000円)。
高いのか安いのかわからなかったけれど、先日の1.5キロの深夜料金170台湾ドルと比べると、妥当なところかな。


さて、場所は「南寮休闥゙魚池」。



[地図:南寮休闥゙魚池]


IMG2017_3_18_042.JPG
[写真:南寮休闥゙魚池]


到着は7:30。誰もいないかと思ったら、おじさんが座っていた。

よくわからなかったが、200台湾ドル(約800円)を支払い、1日釣りができる。

IMG2017_3_18_020.JPG
[写真:室内]

「ルアー(路亜)」と言うと。「うん」(OK)と言われた。



IMG2017_3_18_011.JPG
[写真:ここで受付]

釣り場にはだれもおらず、貸し切り状態。

IMG2017_3_18_010.JPG
[写真:釣り場]

よくわからないまま奥の池に行って釣り開始。

IMG2017_3_18_018.JPG
[写真:奥の池から]


IMG2017_3_18_012.JPG
[写真:貸し切り]


残念なのが、ごみが浮き、少々汚い…

IMG2017_3_18_019.JPG
[写真:ゴミ…]

なんだか釣れる予感がしてならない。

そして、2投目でいきなりのHIT!そして引きがすごい!

しばらくやり取りをして、かかったのがこいつ。

引きがすごかった理由は「スレがかり…」。

なんともでっかりティラピア。(映っているルアーはバイブレーション28g:約9cm)

IMG2017_3_18_014.JPG
[写真:ティラピア]


投げるたびに、当たりがある!…と思いきや、水面下にけっこう水草がある模様。池のコンディションは…

その後、バラマンディが当たるも、すべてバラしてしまう…

休憩をとりながらの釣り。

エサ釣りの人たちがチラホラ現れて、チョコチョコ釣っている。


IMG2017_3_18_021.JPG
[写真:えさの人たち(休憩中)]


IMG2017_3_18_023.JPG
[写真:日陰でエサ釣り]

酒を飲みながらできる余裕…釣れてないのに。。。

IMG2017_3_18_022.JPG
[写真:ハイネケン50台湾ドル?]


ボトムを探ると…タニシ?が釣れました。汗


IMG2017_3_18_025.JPG
[写真:タニシ]

エサ釣りの人が食すティラピア。子供に比べてこのサイズ!笑

IMG2017_3_18_029.JPG
[写真:特大ティラピア]

ティラピアは焼かれ料理になっていました。おいしいのか???

IMG2017_3_18_033.JPG
[写真:ティラピア料理]

おなかがすいたので、焼きそばを注文。これがなかなかおいしい。

海鮮の具が入っている。漢字のメニューなので、炒飯や炒面など無難そうなものを注文します。
ポカリスウェットと食事で90台湾ドル(約360円)。脱水症状にならないように。

IMG2017_3_18_034.JPG
[写真:焼きそば]

ゆっくりくつろいでいると、原チャリで来た若者二人がRODを立てかけました。

ぬぬぬ。ロッドにはメタルジグがついているではないか!

ジグで釣りを始めるのか???と思っていたら、ここに食事をしに来た模様。
彼らは同じテーブルに座った。

ルアーでBarramundiが釣れるか聞いてみよう…英語で。。。

「エクスキューズミー。鱸魚(スマホで見せる)。fishing。OK?」

片言の英語が返ってきました。

「Over There…」

柵で区切られた奥で釣れる(居る)ようです。私がやっていたエリアで大丈夫の模様。
さっきもバラしたから、やはりそこだ。そこのエリアに居る。


IMG2017_3_18_035.JPG
[写真:ジグ付きのROD]

ふと、壁を見ると、タクシー会社の電話番号が書いてあります。

とにかく帰りのタクシーが心配だったけれど、カウンターにも無線タクシーの名刺が置いてあったのと、柱にタクシー会社の電話があったので安心です。

また、近くのセブンイレブンにibonという端末があるので、それで呼べることを確認していました。
(これが今回帰りを自信もって帰れると確信して釣行に至った理由。GoogleMapに近くのセブンイレブンとファミリーマートを登録済み)


IMG2017_3_18_030.JPG
[写真:見えにくいですが、真ん中の柱にタクシー会社]

安心の電話番号。

IMG2017_3_18_031.JPG
[写真:見えにくいですが…]


その後、午後の部に突入。
少々、酔っぱらいながら、、、釣り開始。

すると、ほとんどあたりはありませんでしたが、釣れたのはこいつ。ティラピア。


IMG2017_3_18_036.JPG
[写真:ティラピア]


うーん。その後しばらくしてもなかなか釣れません。

先ほどの若者2人が、後ろにきて私の釣りを見ています。どうも、ワームの尾びれがヒラヒラしたのを使えと言っています。

メガバスの結構でかいやつ使いましたが…ダメ。(次の日の釣行で2.5インチくらいのワームじゃないとだめだと判明)


しばらくすると、バイブレーションに大きな当たりが!

ドラグがキューン!と鳴り、ギャラリーの2人も盛り上がります!

大きなBarramundiと分かる当たり!少しやり取りが続くと…スコん。
やっちゃった感じ…また巻いていると、もう一回当たりました!そして、またバラス。。。

私は天を見上げる。ここのところ大きいのが取れない。。。



なんなんだ?ルアーを回収すると、フックが折れていた…
狭い釣り堀だったのでドラグをきつめにしていたのがあだとなる。

結局、前回はスナップを伸ばされ、それを教訓に今回はスナップを強化で挑むも、今度はフック…

ノットでもなく、最終的には一番弱いところがやられる仕組みなんだ…



IMG2017_3_18_026.JPG
[写真:テールのフックが折られる]


2人組もため息をつく。明日の管理釣り場の話をすると。良い場所だと言ってくれた。
コータイ(雷魚)を釣りたいことを伝えると、貯水池(スマホ翻訳で示してくれた)は釣り禁止なのだとか。
「ファック台湾フィッシング!」と叫んでいた、台湾人。連れのもう一人が笑っていた。笑

海釣りでも釣れなかったそうだ。(私も、思わくば海釣りしようかと考えていた)

しばらくすると彼らは帰っていった。

その後、BarramundiがHIT。キャッチするも、ネットが破れておりナチュラルリリース。笑

ネットは糸で補修してあり、先ほどでかいの2尾の重みでやられてしまっていた。。。

証拠写真が無い…


IMG2017_3_18_038.JPG
[写真:ネット破れる]

あとは、パッタリ当たりが無い。

一度だけ大きな当たりがあるも、さっきまで居なかったエサ釣りとお祭りししてバラしてしまったり…(エサ釣りのせいにしたい!)

蝦のエサをつけていた人は釣っていたり。。。

5人くらいの団体が来て、一人だけ釣りをして、あとはハイネケンを飲みまくって大宴会をしながら釣りをしたり。受付ではカラオケがガンガン流れていて、魚がビビッてしまうんではないかと思う音量。笑

カラオケと釣り場はこちらのスタイルの模様。

ちょっと嫌なのが、マナーの悪さが目立ちます。


IMG2017_3_18_039.JPG
[写真:ゴミ散乱する]

結局やる気を失い、少し早めに納竿。

おばさんに、先ほどの柱のところにあったタクシーを依頼し、10台湾ドルを渡そうとするも、断られる…
いい人だ。下調べのセブンイレブン(ファミリーマート)でのタクシー呼び出しが不要となる。

タクシーが来るまでに間、港を散策。

魚のモニュメント。こういう無駄に使うお金は好きだ。笑


IMG2017_3_18_043.JPG
[写真:魚モニュメント]

まぁまぁ綺麗。釣り人もチラホラ。

IMG2017_3_18_041.JPG
[写真:港]

IMG2017_3_18_040.JPG
[写真:釣り人]

帰りのタクシーはメーターを使ってくれ、送迎費用込みで、230台湾ドル(約920円)。

あれ?さっき(行き)のおじちゃん250台湾ドルは妥当な金額か?南岡山駅にすんなりと到着。


帰りもカチカチのシートに座り、とにかくケツが痛い!

無料のレンタルサイクルでホテルまで帰り、近くの食堂へ。これが安い。40台湾ドル(約160円)。
複数のおかずから3品自分で選べる。

ビールを要求すると「隣の店にある」だそうです。持ち込み禁止とか細かいことを気にしないのが良い!
そして、ビールの底はなんだか曲がっている!


IMG2017_3_18_044.JPG
[写真:夕飯]

ビールが傾くがこれがまたいい。笑

潔癖症には無理。。。

IMG2017_3_18_045.JPG
[写真:傾くビール]

ここです。


[地図]


店内は禁煙。しかし、スタッフが休憩しながら喫煙。なんだかこの雰囲気がいい。日本だったら激怒なのに。。。

IMG2017_3_18_046.JPG
[写真:激安店]

少々、頭痛もあり明日の釣りに備えて早めに帰宅。

3日目(こちら)につづく。



追記:この記事を執筆中に祖母が他界(2017年3月26日12:28分)しました。わたしの釣りの原点となった祖母。彼女の最後の時に立ち会い、安らかに亡くなる姿を看取ることができました。
(投稿は実釣日3/18ですがタイムラグがあります…)

人生で釣りという大きな影響を受けるきっかけとなった祖母に対して、ご冥福をお祈り致します。ありがとうございました。

これからも、有益かどうかわからないこのブログを通して皆さんに情報提供してゆきたいと思います。

ラベル:Barramuundi 高雄
posted by 真空タンク at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

台湾の管理釣り場にBarramundiを釣りに行く@

台湾の管理釣り場にBarramundiを釣りに行く@

1日目。

Barramundiの管理釣り場に、自力で行きたくなった。台湾は高雄へ。
前回(こちら)、なんとか1尾釣れたものの、もっと釣れるのではないか???

「Barramundi」とカタカナで書かないことには意図があり、キーワードを元に検索で引っかかりにくくしていること。

…と言うのもこれを生業にしている方も居ると思うので、商売(ガイド)を邪魔をする気はないため。
(Googleの検索は頭がいいから英語もカタカナも関係ないかな…汗)

前置きはさておき、以前からネットの力でチョコチョコ情報を集め、今回候補として3か所の管理釣り場をターゲットに。
知り合いと一緒に行く予定が、いろいろ事情があってキャンセル…

言いたいことは沢山あるが、単独釣行となりました。まぁ気楽でよいか。

ガイドをつけず、なるべく自力で行くプランを立てました。格安旅行です。
ガイドをお願いすると1日約20000〜30000円位。自力だと管釣り代含めて4000円位。

前回も書きましたが、ガイドを頼んだ方が賢明です。私のようにどうしても自分でなんとかしたい性格でない場合は…

いろいろな事情によりたどりつけなかったり、釣り場がやっていないとかトラブルが発生したりもありますので…

ガイドが交渉している専用の釣り堀とかもあると思いますし、初めてだと正直不安だらけです。笑

しかしながら、おそらく、今後は自力で海外管釣りに行く方も増えると思います。
海外でもネットが使える世の中なので…


さて、釣行に必要な準備はこれら。

・Wi-Fi用のSimカード
Amazonにて事前に購入。1000円くらいでしたが、結果的にこれは現地では使えませんでした。
準備と言いながら、このSIMは実は使えなかった…これは私のルーターが悪かったのか、設定が悪かったのかわかりません…
前情報です。(USIM.CheapというところのSIMでした。お持ちの端末で事前に確認されることをお勧めします。)

IMG2017_3_17_014.JPG
[写真:SIMカード]

IMG2017_3_17_015.JPG
[写真:SIMカード挿入]

・ホテルの予約表
・航空券の予約表

印刷しておきます。パスポートがあれば、情報が間違っていなければ搭乗できますが、帰りの予約を事前に確認されます。
携帯のメールに予め情報を飛ばしておけば、印刷は不要と思いますが、携帯が壊れることもあるかもしれませんので。。。
(Visaが短期滞在では発行不要なための確認と思われます。)

IMG2017_3_17_003.JPG
[写真:予約表の準備無くてもいけるが…]

・釣り場までの地図(最寄駅までの地図)

Wi-Fiが使えなかった場合のリカバリーです。
必ず大きめに印刷し、広いエリアと、釣り場近辺のエリア2枚準備する。

おじいちゃんのタクシーを捕まえると苦労するので、これがポイント。そして何よりも現地語で印刷する!
地図よりも地域や住所の情報が重要と…ネットには書いてあります。

若い人はGPS使って行ってくれますが…
GoogleMapにすべての目的地の保存をすることも忘れずに。


IMG2017_3_17_004.JPG
[写真:GoogleMapの現地語印刷 重要]



・海外旅行保険

今回は約2000円。

IMG2017_3_17_005.JPG
[写真:保険]

・釣り具が持ち込みが機内搭載可能かの確認。
今回、LCCで行ったので、追加料金の重量制限内であれば竿もオッケー。(2Mくらい以下で航空会社により異なる)

さて、高速バスで成田に向かいます。ロッドがあるので宅急便で荷物をおくるのより安い。
午前便だったので、早めの出発。

東京>成田間は最近LCCバスがあり、1000円で行けてしまう。(今回は利用していませんが)

IMG2017_3_17_006.JPG
[写真:高速バス]

両替はネット情報によると現地の方が安い(レートが良い)とのこと。
成田空港の奥に行くほど僅かにレートがよくなる気がしました。

IMG2017_3_17_007.JPG
[写真:両替]

今回は、冬服なのでインナーの長袖をトイレで脱いだりします。


IMG2017_3_17_009.JPG
[写真:成田のトイレで着替え]

行はTiger Air。安かった。片道約20000円。ロッドもパックロッドにして手荷物に収まれば15000円位だったか…

IMG2017_3_17_011.JPG
[写真:Tiger Air]

機内食も予めネットで予約。チキン、まぁまぁおいしい。

IMG2017_3_17_012.JPG
[写真:機内食]

IMG2017_3_17_013.JPG
[写真:チキン]

機内で、現地Wi-Fi用のSIMカードの入れ替えを行う。APNの設定も指定された通り(マニュアルどおり)おこなう。


IMG2017_3_17_016.JPG
[写真:SIM切り替え]


Wi-FiルーターはNEC MR04LNが便利。ダブルSIMなので、国内のSIMはそのままに、普段使用していない1番に挿入。
英語表記が無いのがちょっとマイナス点(現地スタッフが読めないので)。しかし、各国の電波(Band)に対応している。


IMG2017_3_17_017.JPG
[写真:切り替え中]

ここで電源入れたのがいけないのか?マニュアルには必ず現地で開通するように書いてありますが…
着陸後電源を入れてもルーターが電波をつかまない。焦る。

SIMフリーパソコン、スマホを利用してもダメ…時間ばかり過ぎてしまった。

仕方なく、空港内の「台湾大哥大」にてSIMを購入。ルータに差してAPN設定してもダメ…焦る。


パソコンに差すと現地で買ったSIMで何とか開通しました。ホッとする。これでなんとかなりそう。
Wi-Fiルーターがおかしいのか…ルーターを初期化し、SIMの設定をすると、ようやくルーターが電波を掴んだ。

空港出口にカウンターがあった、「台湾大哥大」。この旅の中で終始問題なく稼働。5日使用可能で約300台湾ドル(約1200円)。

IMG2017_3_17_023.JPG
[写真:現地で買ったSIM]

日本で購入したSIMを再トライするも…ダメ。マニュアル通りにしてもダメ。謎だ…。
1000円でamazonで買ったからか?

IMG2017_3_17_001.JPG
[写真:日本で買ったSIMのマニュアルAPN]

ネット接続に想定外の時間を費やした。
空港近くのホテルに向かう。約1.5キロ。タクシーで行こうかとも思いましたが、ちょっと散歩がてら。


…と、思わなければ良かった。歩道が整備されているわけでもなく、段差やガタガタ道でちょっと苦労して着きました。汗

ホテルのチェックイン(橙屋商旅:Orange House Hotel)では日本語ができるスタッフが居ました。頑張って英語で話しても日本語で帰ってきます。笑

出かけるなら自転車貸しますよと、言われましたが駅に自転車止められるか分からなかったのと、街中を見たかったので歩きました。


目的地は以前行ったことがあるエビ釣り場。地下鉄に乗ります。

IMG2017_3_17_026.JPG
[写真:地下鉄]

駅名は「小港」→「美麗島」価格は30台湾ドル約120円。ICチップ入りのプラスチックコインが出てくるので、改札にタッチ。地下鉄は飲食厳禁なので注意!

IMG2017_3_17_027.JPG
[写真:切符?]

IMG2017_3_17_028.JPG
[写真:地下鉄構内]

IMG2017_3_17_029.JPG
[写真:美麗島]

蝦釣り場に到着。以前より、GoogleMapに登録済みで、スイスイ。

IMG2017_3_17_030.JPG
[写真:明星休間広場]

地図はこちら。


1時間150台湾ドル(約600円)。釣り放題。

IMG2017_3_17_031.JPG
[写真:料金表]

入り口でネットを借りる。(塩の横)


IMG2017_3_17_033.JPG
[写真:ネット]


IMG2017_3_17_034.JPG
[写真:釣り場]

エサはレバー?と、エビを選べる。レバーを選択。


IMG2017_3_17_035.JPG
[写真:レバー?]

このビールを飲みながらの釣りは最高!


IMG2017_3_17_036.JPG
[写真:台湾ビール]

カウンターには英語を話すおねーさんが居たので、「RODあるよ」と言ったら細かいことは言われずに、「やっていいよ」と言われたので、開始。

開始から15分くらい開始時間をサービスしてくれて、伝票を持ってきた。

IMG2017_3_17_039.JPG
[写真:伝票]


IMG2017_3_17_042.JPG
[写真:エサ]

釣り方は過去のブログ参照…

しばらくするとキャッチ。

IMG2017_3_17_045.JPG
[写真:蝦キャッチ!]

バラマンディっぽい料理を頼み(ちょっと割高280台湾ドルだったか?)、これがうまい!

IMG2017_3_17_043.JPG
[写真:バラマンディか!?]

IMG2017_3_17_040.JPG
[写真:チャーハン]

5尾釣ったが、1尾いなくなっていた。

1尾は手づかみ。笑。

ここは、ネットにへばりついているエビを手で取ってもOK。

IMG2017_3_17_047.JPG
[写真:結果4尾]

他人の釣果はなにかが違う…

IMG2017_3_17_051.JPG
[写真:ほかの人の蝦]

生きたまま刺す。。。ここは心を鬼にする。
(他人の手さばき)
IMG2017_3_17_049.JPG
[写真:串刺し]


IMG2017_3_17_050.JPG
[写真:オーブンで焼く]

隣との量の違いがすごい…

IMG2017_3_17_052.JPG
[写真:右隣、左私]

これがうまい。

IMG2017_3_17_056.JPG
[写真:最高]


少しだけ六合夜市を歩いてホテルに戻る。


IMG2017_3_17_057.JPG
[写真:六合夜市]

戻りが夜遅くになり、空港駅からのタクシー代が170台湾ドル(約680円)。

日本の初乗りと同じくらいだったのでちょっと損した気分。今回は節約旅行のはずが…

2日目(こちら)につづく。




ラベル:Barramuundi
posted by 真空タンク at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする